まさおノート

日常生活での学びや気付きを発信します

神経・生理心理学③

【脳画像検査 Neuroimaging】

3回目の講義の中心は脳画像検査でした。

脳画像に入る前に、

・1つのシナプスは決められた2つの神経伝達物質を持っている

・空間的加重

・時間的加重

 

時間的加重で閾値を越えると活動電位が生じる

 

ということを学びました。

 

 

【CT画像】

 1 脳出血の部分は白く映る

 2 脳梗塞など、血液が流れなくなった部分は黒く映る

とのことです。

 

クモ膜下出血・・・寒くなると血管が縮み、そこに集まることで切れてしまう

 

MRI: パルスをオンにすると倒れ、オフにすると徐々に立ち上がる

    組織によって回復や減衰の時間が異なる

 

 

fMRI

MEG

PET

NIRS

 

電気生理 EEG  MEG

血流動態 PET  fMRI  NIRS

 

空間分解能(脳の「どこ」で活動が生じたか)

時間分解能(脳の活動が「いつ」生じたか)

 

背景脳波

 

事象関連電位

 

加算平均法

 

fMRI  光を使って測定する(赤い光は人体を通過しやすい)

  どれくらい光が吸収されて戻ってきたか

 

【NIRSは臨床応用が盛ん】

 ADHDの診断補助 うつ病の鑑別診断補助

 言語野の検査 てんかんの検査 運動野の検査

 

語流暢性課題

Go/NoGo課題

健常者とうつ病の比較

 

今回の講義も、分かったようで分かってない部分が多く・・・

単語の羅列で終わってしまいましたが、しっかり説明出来るようにならなくては。。。