まさおノート

日常生活での学びや気付きを発信します

社会・集団・家族心理学①

水曜3限「社会・集団・家族心理学

公認心理師の資格科目の1つのこの講義、とても楽しみです。

1回目なのでガイダンスでした。

 

【公認心理師法の目的】

 公認心理師の資格を定めて、その業務の適性を図り、もって国民の心の健康の保持増

 進に寄与すること

公認心理師法 第一条あります。

保持増進の主語は、「国民」となります。そこに寄与するのが公認心理師の役目というところでしょうか。

 

【心の健康の保持増進】

オワタ憲章 世界保健機構,1986

 人々が自らの健康をコントロールし、改善できるようにするプロセスのことです。

つまり、主体性の発揮が求められているということです。

 

「健康である」ということとは、“生きる目的ではなく、毎日の生活のための資源であること、単なる肉体的な能力以上の積極的概念”であります。

 

【公認心理師の職責】

 職責:職務上の責任   職務・・・その人が担当する役目、任務

             責任・・・立場上、当然負わなければならないもの

               ⬇️

 心理に関する支援(心理支援)として、我々一人一人が、担わなければならない役割とは何か?

 そして、その具体的実践とは何か?

ということが問われます。

【概要】

 人を対象とした心理学的支援においては、人が環境との相互作用が成り立っているという前提に基づいて、広く社会・集団・家族にも働きかけていく必要がある。本講義では、人間の対人関係ならびに集団における人の意識及び行動についての心の過程、人の態度及び行動、そして、家族、集団及び文化が個人に及ぼす影響について論じる。

【到達目標】

1 対人関係並びに集団における人の意識及び行動についての心の過程について説明す

  ることができる

2 人の態度及び行動変容についての心理学的アプローチの概要を述べることができる

3 個人に家族、集団及び文化が与える影響を理解し、それに基づいた支援を自分なり

  に策定することができる

 

これがこの講義の到達目標とのことですので、前期が終わる頃にはしっかり説明できるように頑張ります。

 

社会心理学①

火曜の4限「社会心理学

1年生の頃、とてもお世話になった先生の講義ということで、楽しみにしていました。

 

社会心理学の問い

 ・人の第一印象はどのくらいあてになるのか?

 ・「類は友を呼ぶ」は本当か?

 ・脅せば、相手はこちらの思い通りになるのか?

 ・短期間で終わる恋と長く続く恋の違いは?

 ・偏見や差別を無くせるのか?

 

社会心理学の理論と人間観

「場」理論(filed theory)  Lewin,1951

場とは、行為主体者である個人と、それを取り囲む状況全体(psychological field)

 例・・・親和行動はどんな感情が生起する時?

     攻撃行動は、どんな時に増大?

基本的帰属エラー フリッツ・ハイダー(Fritz Heider)

 予期せぬことが起こった時、なぜ人がそのように振る舞うのかを自分なりに理解し、説明したくなる。

属性帰属:その人の安定的持続的な特性に帰属させる

状況帰属:状況に帰属させる

 

Fundamental attribution error (Ross,1977)

パーソナリティの影響は過大評価され、状況の影響は過小評価される。

 

1回目の講義ということで、ガイダンスで終わりましたが、社会心理学について少し説明がありました。

 

時刻は2時34分。

もう1つ講義がありましたが、明日書きます。。。

 

眠さがマックスで目を開けていられなくなっています。

 

明日の講義も楽しみです!・・・ガイダンスのみだとは思いますが。

 

明日は

Speaking English

社会・集団・家族心理学

行動と心理療法

です。

社会・集団・家族心理学は、この社会心理学と同じ先生。

内容重なりそうですけど、どうなるか。

 

おやすみなさい。。。

障害者・障害児心理学①

火曜の3限「障害者・障害児心理学

お昼ご飯に美味しい牛スジカレーを食べて、眠くなる時間帯。

1回目の講義でガイダンス。

先生の話し方や内容が面白く、眠気に襲われることなく過ごせました。

 

来週以降の講義で学ぶ内容の紹介がありました。

 

1 障害児・障害者心理とは

2 特別(教育)の展開と心理臨床

3 情緒障害の心理(精神・発達・知的障害を含む)

4 視覚障害の心理

5 聴覚・言語障害の心理

6 肢体不自由・重度重複障害の心理

 

これらのテーマについて学んでいきます。

 

先生の話でグサッと刺されたのが、

「今メガネ・コンタクトをしている人は外して講義を受けてください」

「・・・と、言われた場合、正常に講義を受けれますか?」と。

 

私は普段からメガネやコンタクトをしていて、外すとほとんど見えなくなります。

自分が視覚障害であるということ。

こうして考えると、障害というものが「自分には関係ないや」ではなく、身近なものであり、普段からその認識を持つことの重要性に気付きました。

 

当たり前のように見えている世界も、メガネやコンタクトに支えられて不自由なく生きていれるのだな〜と。

正常に見れる場合には障害が障害ではなくなるということも、なるほど!と納得しました。

 

来週からもしっかり学んで参ります。

行動分析①

火曜日の2限「行動分析」

授業開始から2日目の火曜日。

最初の講義は「行動分析」。

1回目の講義ということで、ガイダンスで終わりましたが、「行動分析」について書きます。

 

まず、行動分析とは・・・「個体と環境との相互作用」についての学問体系であるということです。

そして、実験、「応用」、「哲学」の3つの側面があり、

実験行動分析」、「応用行動分析」、「徹底的行動主義」が関係していきます。

 

 

応用行動分析学とは、個人をとりまく環境について工夫することで個人の行動に影響を与えるアプローチのことです。

 

対象者は知的障害、自閉症、統合失調症、言葉による心理療法がうまくいかない重度な行動的問題を抱えた成人や子供となります。

 

 

 

図に表してみます。        

 

        きっかけ →    行動 →    結果

                ↑                ↓

                ↑_____↓

 

  例・・・  きっかけ:先生の話が長くなる

        行動  :隣の生徒の筆箱をとる

        結果  :友達が怒る

 先生の話が長くなるとじっとしていられなくなり、隣の友達の筆箱をとってしまう。

 友達が怒り、その反応を面白がって、さらに行動が強化され、再び筆箱をとって、

 その反応を楽しむ、というサイクルになる。

 

結果によって行動が増加する場合、きっかけを変える必要があり、このきっかけを変えるということが即ち環境を変えるということになります。

 

行動分析。講義名だけを聞くといまいちピンときませんでしたが、行動を分析してどう活かしていけば良いのか?を学べると思うので、来週からの講義が楽しみです。  

神経・生理心理学 ①ガイダンス

4月8日

本年度の授業開始日でした。

 

4限の講義は心理学統計法という授業。

1回目なのでガイダンス等々で授業には入りませんでしたが、今年受ける講義の中では一番楽しみにしている講義ですので、来週が待ち遠しいです。

 

5限は神経・生理心理学。

こちらも1回目なのでガイダンスで10分ほどで終わりました。

分野的にも文系にとってはハードルが高いかもしれませんね。

心理学統計法もですが、数値を扱いますし、神経心理学なんかは、一般的にイメージされる心理学とは異なる内容。

それゆえに、最初の壁になる心理学の分野です。

 

私も文系で数学や理科は大の苦手でしたが、新しい気付きを得る為にも、変に苦手意識を持たないように心掛けています。

 

苦手だ、と感じてしまうと、知らず知らずのうちに本当に苦手になっていってしまいます。

学び始めるスタートラインはみんな同じ。

これからの講義をどれだけ理解していき、自分の中にインプットしていくことが出来るかが重要になってきます。

 

もちろん、試験がありますので、アウトプットが出来るように学んでいく必要はありますが。

 

今年1年間は勝負の年。

単位を取るのは大前提として、少しでも高い点数を取るためにも、予習・復習が大事になってくるので、今後は学んだ内容をアウトプットして記事を書いていきます。

 

学んだ内容が少しでも役に立てて頂けたらと思っています。

応援宜しくお願いします。

 

 

さて、ガイダンスのみで終わってしまいましたが、神経・生理心理学とは何か?

について書きます。

 

生理心理学とは・・・

生理学的な方法を用いて、心のはたらきや行動の仕組みを解明しようとする実証的学

 問。

行動の背後に中枢過程が存在することが仮定され、中枢過程の作動状態をも含めて行

 動の仕組みを解き明かそうとする取り組みが展開されている。

感覚、知覚、注意、意識、睡眠、学習、記憶、情動、動機付け、言語などの認知諸機

 能や、子どもの発達、精神疾患、犯罪、スポーツなど幅広い分野で生理心理学的研究

 は広がっている。

 

うーん、生理学的という言葉が引っかかりました。

中枢過程の存在の仮定もキーワードになりそう。

感覚や知覚等々は、1年生で習った講義と重なっている部分が多いから、うまく繋げていければ知見を広げていけそうな気がします。

睡眠についても興味あるし、スポーツの分野も面白そうです。

 

こうやってみると、意外と楽しい分野なんじゃないかとワクワクしています。

 

 

『公認心理師』は深くはないけど、わかりやすい内容でよく使っています

                   

f:id:masao-note:20190409024222j:plain f:id:masao-note:20190409024513j:plain

 

 

こちらの『よくわかる 臨床心理学』にも少し載っています。

f:id:masao-note:20190409025548j:plain    f:id:masao-note:20190409031051j:plain


脳の働きや神経について頑張って勉強していきます!!

 

 

最後に。

6限の教化学の講義を聴講しに行ったらとても深いお話でした。

誰が・誰に・何を・どのように

これを考えることの重要性を学びました。

 

人のために生きていくためにも、色々な方法があり、自分に出来ることをしていく。

カウンセラーにとっても通ずる教えだと感じました。。

 

明日は

行動分析

障害者・障害児心理学

社会心理学

心理学実験

の講義です。

 

おやすみなさい。

 

 

3月25日の日記

今日は法華原のしだれ桜を見てから福岡空港へ。

 

スターフライヤーに乗って羽田空港へ。

f:id:masao-note:20190326013019j:image
f:id:masao-note:20190326013022j:image
f:id:masao-note:20190326013026j:image
f:id:masao-note:20190326013015j:image
f:id:masao-note:20190326013011j:image

夕方はもみっちょ五反田店で120分間コースのもみほぐしマッサージを受けて、身体がとてもすっきり!!

 

帰りになか卯でご飯食べて帰宅。

 

夜は2時間バイトしてきました。

 

おやすみなさい。

境内清掃

お彼岸の最終日の今日は境内清掃の日。

150人の方が集まって、みんなで綺麗にしました。

 

掃除をすると、心もピカピカになりますね。

 

これが大事。

 

楽しくやるのももちろんだけど、

 

やりたい!っという気持ちで掃除することが大切。

 

やらされて、イヤイヤするのは掃除とは言えない。

 

掃除って疲れるし大変だけど、嫌いじゃないです。

 

事故怪我なく終わっていい一日になりました。

 

有り難う御座いました。

 

おやすみなさい。