まさおノート

日常生活での学びや気付きを発信します

神経・生理心理学③

【脳画像検査 Neuroimaging】

3回目の講義の中心は脳画像検査でした。

脳画像に入る前に、

・1つのシナプスは決められた2つの神経伝達物質を持っている

・空間的加重

・時間的加重

 

時間的加重で閾値を越えると活動電位が生じる

 

ということを学びました。

 

 

【CT画像】

 1 脳出血の部分は白く映る

 2 脳梗塞など、血液が流れなくなった部分は黒く映る

とのことです。

 

クモ膜下出血・・・寒くなると血管が縮み、そこに集まることで切れてしまう

 

MRI: パルスをオンにすると倒れ、オフにすると徐々に立ち上がる

    組織によって回復や減衰の時間が異なる

 

 

fMRI

MEG

PET

NIRS

 

電気生理 EEG  MEG

血流動態 PET  fMRI  NIRS

 

空間分解能(脳の「どこ」で活動が生じたか)

時間分解能(脳の活動が「いつ」生じたか)

 

背景脳波

 

事象関連電位

 

加算平均法

 

fMRI  光を使って測定する(赤い光は人体を通過しやすい)

  どれくらい光が吸収されて戻ってきたか

 

【NIRSは臨床応用が盛ん】

 ADHDの診断補助 うつ病の鑑別診断補助

 言語野の検査 てんかんの検査 運動野の検査

 

語流暢性課題

Go/NoGo課題

健常者とうつ病の比較

 

今回の講義も、分かったようで分かってない部分が多く・・・

単語の羅列で終わってしまいましたが、しっかり説明出来るようにならなくては。。。

 

神経・生理心理学②

中枢神経系と抹消神経系

今回の講義で中枢神経系と末梢神経系について学びました。

神経系は中枢神経系抹消神経系の2つに分類される。

大脳皮質の表面は灰色になっており、灰白質(かいはくしつ)という。

 

【脳の構造について】

 

1 大脳新皮質(知覚・認知・運動)

  一次運動野 一次体性感覚野 一次視覚野 一次聴覚野 連合野

 

2 大脳辺縁系と基底核(情動・運動調整)

  海馬:長期記憶  扁桃体:情動、他社の表情認知

 

3 間脳と脳幹(反射・生命維持)

  視床 視床下部 中脳 橋 延髄

 

 小脳(運動学習)

 

まずはこの4つをしっかり覚えます。

 

【脳には階層性があると言われている】

 

1・・・      判断 創造性 社会性

2・・・      言語 学習・実行機能

3・・・    高度な視覚認知 記憶・本能的感情

4・・・  運動・発語・協調運動・視覚・聴覚・体性感覚

5・・・歩行・姿勢抑制・摂食・食欲・性欲・呼吸・血圧・体温

 

図で書くとピラミッドのようになります。

 

 

脊髄神経31対中枢神経系と末梢神経系の連絡は脊髄を通って行われる

脳神経12対 :脊髄を通らずに脳と直接神経が連絡している

 

【神経細胞の構造】

 脳の細胞

  ニューロン 

    細胞体 樹状突起 軸索 シナプス

  

  グリア細胞 

    ミエリン化 神経細胞の固定 血液脳関門

 

【ニューロンの働き】

 脱分極:細胞の外にあったNa+が細胞の内側に入ってきて、「+」の電荷

     を帯びる

 

活動電位

 イオン  ナトリウムイオン カリウムイオン 塩素イオン

 イオンチャネル:選択的にイオンを通過させる

 イオンポンプ:選択的にイオンを移送する

 細胞内のナトリウムイオンを高く保つ

 内部を外部に比べ「ー」に保つ

 

神経伝達は「全か無かの法則」である。

 

【神経伝達物質】

 興奮性:「+」の荷電したイオンを通過させる

 抑制性:「ー」の荷電したイオンを通過させる

 

講義内容であるが、個人的には凄く苦手な分野ですので、アウトプットをするのも難しいです。

まずはしっかり自分自身の中で落とし込んで理解していこうと思います。

知らない単語や、似た名前の単語なども多いので、一つ一つの語句の説明が出来るように頑張ります。

心理療法②

【心理療法とカウンセリングの歴史】

 今回の講義では、昔の疾病説がどういうものであったか、また、その治療法の説明がありました。

 

   疾病説               治療法

病気という物体が身体に侵入     病気という物体を摘出

霊魂が行方不明になった       魂の所在をつきとめ、招魂し、体内に戻す

悪霊が侵入した           祓魔術を行ったり、悪霊を機会的に除去

タブーを破った           告解(懺悔)し、神の怒りを鎮める

呪術(呪い)による         対抗呪術

 

この様に考えられていたそうです。

 

【医学の祖 ヒポクラテス】

ヒポクラテスは、健康や病気を自然の現象であると考え、観察による科学に基づいて医学の基礎を築いた。

 

ヒステリーというものに対して、“動きまわる子宮”とし、それによって“ヒステリー性呼吸困難”が起こると考えた。

 

【魔女狩り】

12世紀から18世紀初頭頃に行われており、今の時代でも、国によっては行われている場所もある。

ここでいう魔女とは、「女性」のことを示すのではなく、「異端者、思想的・精神的・身体的に異質であるとされた人々のことをいう。

キリスト教に背く人たちへ行われ、火炙りの刑や、首吊りの刑を、ほかの人たちが見ている前で行っていた。

 

災害などは、「魔女が悪魔と結託して引き起こされている」という考えがあったことから、その魔女を殺す必要があると考えられていた。

 

【フランツ・アントン・メスメル(Mesmer,F.A.)の動物磁気】

「生き物には宇宙に連なる磁力の様なエネルギー(普遍的流体)があり、病気は普遍的流体の不均衡によるもの」と考えた。

 

メスメルの治療がなぜ効いたのか?

現代でいう「暗示」「催眠」の効果があったと言われている。

 

流体は存在せず、磁気現象の原因は“想像”であり、「催眠現象は心理作用を伴うものであり、イメージという心の作用によるもの」ということが明かされた。

これは、「心に関する迷信の時代の打破」に繋がった。

 

【ジャン=マルタン・シャルコー(Jean Martin Charco)】

シャルコーは、パーキンソン病の命名をした(1888)

 

【心理療法とカウンセリングの歴史】

心理療法(psychotherapy)の起源

19世紀終わりに、テューク(Tuke,H.)によって使われ始めた用語である。

「催眠療法」の影響を受けて成立した。

 

テュークによる心理療法の定義

 「病人の心理的機能による身体の治療」

 

カウンセリング(Counseling)の起源

20世紀はじめ、アメリカにて用いられるようになった用語。

1931年の文献に初めて登場する。

その後1942年に、カール・ロジャース(Rogers,C.R.)が「カウンセリングと心理療法」公刊。

 

アメリカの背景

①職業指導運動

 1980年、フランク・パーソンズ(Parsons,F.)がボストンに職業安定所を設立。

②教育測定運動

 1916年の「スタンフォード・ビネー知能検査」(Terman,L.M.)の完成以来、心

 理テストの開発が拡大。

 心理テスト=サイコロジストの専門性を裏付けるもの。

③精神衛生運動

 1908年のクリフォード・ビアーズ(Beers,C.W.)の著作『自らを見出した心』を

 きっかけに病院の改善をはかる運動が開始。

                 ⏬

「カウンセリング」」は医学を背景に成立したのではなく、特に教育の領域で成立した。

新大陸で生まれ、ガイダンスや社会運動を中心として発展。

 

 

以上のような講義内容でした。

心理療法やカウンセリングの起源に触れた内容でした。

今とは内容も違いますが、昔の人たちの考え方が元になって、今の心理療法やカウンセリングがあるんだな〜と感じました。

 

 

f:id:masao-note:20190418154610j:plain

 

「そとぼーよ」の活動に参加して

「そとぼーよ」の活動に参加してきました

12日金曜。

 

10時から、品川区にある文庫の森という公園にて、「そとぼーよ」様の活動に、ボランティアスタッフとして参加させて頂きました。

 

乳幼児の初めての外遊びのサポートという事で、小さい子達を対象としたイベント。

 

公園を散歩している方達に声を掛けつつ、、、

子供達がそれぞれやりたい事を見守りながら。

 

都会だとあんまり自然がないんだな〜と感じていましたが、近くに文庫の森という自然豊かな公園があり、子供達と、またお母さん達と貴重な時間を過ごさせて頂きました。

 

子供というのは間違いなく国の宝物であります。

 

その子供達のサポートをしていく為にも、ぜひまた機会がありましたら参加させて頂きたいです。

 

 

今日頂いたご縁に感謝致します。

f:id:masao-note:20190413000117j:plain  f:id:masao-note:20190412235847j:plain



 

f:id:masao-note:20190413000053j:plain f:id:masao-note:20190413000044j:plain




心理療法①

木曜3限「心理療法

1回目の講義でしたので、ガイダンスのみで終了しました。

【授業目標】

心理療法およびカウンセリングについての基礎的知識の習得

 

【授業計画】

4・5月:心理療法およびカウンセリングの歴史

     心理療法およびカウンセリングの定義

6月  :心理療法の理論と技法 ⑴精神分析

6・7月:心理療法の理論と技法 ⑵来談者中心

     心理療法の理論と技法 ⑶行動療法

 

 

後期の「心理学的支援法」の講義につながる内容だそうで、公認心理師科目ではないですけど、後期のためにも「心理療法」をしっかり修めていきます。

後期の「心理学的支援法」は公認心理師科目になります。

 

実践に関わっていく講義なだけあって、学んでいく事が楽しみです。

心理学実験①

火曜5限「心理学実験

昨日書けなかった心理学実験の講義。

しかし、こちらの講義も1回目でガイダンスでした。

 

ミューラーリヤーなどの錯視図形、シロクマ実験等々を行なっていくとのことでした。

錯視とは、眼で見る錯覚のことだそうです。

 

実験説明→実験実施→データ分析→レポート作成

 

のサイクルで講義が行われていくようです。

 

上下二本の横線はどちらが長く見えるでしょうか?

 

f:id:masao-note:20190410190500p:plain     

 

実は、どちらの線も長さは同じであります。

有名な錯視図形の1つですが、矢羽の向き、角度によって横線の長さが違うく見える錯視です。

 

次の図は、真ん中に白い三角形が見える錯視図形です。

白い三角形に輪郭がないのに、黒いパックンの様な図と、その間に三角っぽい線があるだけで、真ん中に白い三角形が見えます。

 

f:id:masao-note:20190410190536p:plain

人間の眼の不思議さですね。

これは脳が錯覚している状態です。

線の長さが同じだとわかっているのに、長さが違って見える、三角形の輪郭があるわけではないのに、三角形が見える。

頭では理解出来ているのに不思議とそう見えてしまうのです。

 

もし、「線の長さ、どっちも同じにしか見えねーよ」、「三角形なんて見えねーし」という人がいる場合、ほとんど強がっているだけだそうです。

 

来週以降の講義も楽しみに頑張ります!!

 

社会・集団・家族心理学①

水曜3限「社会・集団・家族心理学

公認心理師の資格科目の1つのこの講義、とても楽しみです。

1回目なのでガイダンスでした。

 

【公認心理師法の目的】

 公認心理師の資格を定めて、その業務の適性を図り、もって国民の心の健康の保持増

 進に寄与すること

公認心理師法 第一条あります。

保持増進の主語は、「国民」となります。そこに寄与するのが公認心理師の役目というところでしょうか。

 

【心の健康の保持増進】

オワタ憲章 世界保健機構,1986

 人々が自らの健康をコントロールし、改善できるようにするプロセスのことです。

つまり、主体性の発揮が求められているということです。

 

「健康である」ということとは、“生きる目的ではなく、毎日の生活のための資源であること、単なる肉体的な能力以上の積極的概念”であります。

 

【公認心理師の職責】

 職責:職務上の責任   職務・・・その人が担当する役目、任務

             責任・・・立場上、当然負わなければならないもの

               ⬇️

 心理に関する支援(心理支援)として、我々一人一人が、担わなければならない役割とは何か?

 そして、その具体的実践とは何か?

ということが問われます。

【概要】

 人を対象とした心理学的支援においては、人が環境との相互作用が成り立っているという前提に基づいて、広く社会・集団・家族にも働きかけていく必要がある。本講義では、人間の対人関係ならびに集団における人の意識及び行動についての心の過程、人の態度及び行動、そして、家族、集団及び文化が個人に及ぼす影響について論じる。

【到達目標】

1 対人関係並びに集団における人の意識及び行動についての心の過程について説明す

  ることができる

2 人の態度及び行動変容についての心理学的アプローチの概要を述べることができる

3 個人に家族、集団及び文化が与える影響を理解し、それに基づいた支援を自分なり

  に策定することができる

 

これがこの講義の到達目標とのことですので、前期が終わる頃にはしっかり説明できるように頑張ります。